OUR PHILOSOPHYBridal-Soraの想い

こんにちは、Bridal-Soraの竹中岩仁.です。「宇宙」と書いて「そら」と読むんです。宇宙のように無限に広がる可能性を、お二人のご結婚にてらして名付けました。
日本の大学卒業後,フォトグラファーとして活躍する父親の影響もあり写真の勉強をしようとスーツケース一個もってアメリカに渡りました。
カリフォルニアの大学でポートレートを学んだ後、ハワイに移動して活動開始。ウェディングフォトグラファーとしてプロの道を進み始めました。数百組ものカップルの結婚式を撮影させていただいたんですよ。
2001年、9.11のテロの後、就労ビザの更新が難しくなり帰国。日本でもウェディングの撮影を始めました。が、日本での結婚式撮影に何か違和感を感じたんです。

日本の結婚式はホテルやゲストハウス、結婚式場で挙げるのが普通。
メイクや着付けから挙式、披露宴まで同じ建物の中でスケジュール通りに進行しなければいけません。介添人さんと一緒に決められた台本通りに移動。撮影も指定の場所でしかダメだったり、かなり制約が多いんです。
「なんて日本の結婚式は窮屈なんだろう、、、。」
そう感じていたとき、ハワイでのウェディング撮影の思い出が頭をよぎりました。

ハワイでの挙式撮影はホテルのお客様のお部屋から始まります。指輪やドレスの撮影から一日がスタート。メイクシーンの後は、リムジンでお二人と一緒に教会へ移動。
挙式を撮影したあと、教会内やお庭でお二人やご家族と撮影。再びリムジンでホテルに戻ってきてからもホテルのお庭やビーチ、時にはワイキキの通りに出て撮影するんです。
同じ結婚式といっても日本のそれとは全く違いますね。
ゆったりと自然の中での撮影が多い。太陽の光を浴びながら、時にはサンセットの夕日をバックに気持ちのいい風に吹かれてお二人と一瞬のシャッターチャンスを共有する。
また、あんな撮影がしたい!!
そうだ、奈良にも素晴らしい自然があるじゃないか!
奈良でロケーション撮影をしよう!!
Bridal-Soraが生まれた瞬間です。

最初のお客様は桜の季節に人力車に乗って撮影しました。アルバムを手に取ったお二人はとってもお喜びになり,それから毎年桜が咲く頃になると、わざわざ兵庫県からロケーションの家族写真を撮りにいらっしゃいます。今ではお二人の子供たちがいるパパとママ。
その撮影以降、ご紹介や口コミ、ホームページを見たり等、沢山のお客様を奈良で撮影させていただいてます。
日本から奈良のロケーションフォトをインターネットで発信すると、海外からもコメントが返ってくることがあります。
写真には言葉は関係ありません。Bridal-Soraは「世界の誰もが感動できるロケーションフォト」を奈良で撮り続けたいと思っています。

スタジオオレンジ代表
竹中 岩仁.

Braidal-Soraのロケーション撮影

お客様の声VOICE